【1歳の誕生日におすすめ】メルちゃんを早く買った方がいい理由

メルちゃんアイキャッチ

初めてのお誕生日プレゼントは何にしよう?

そろそろ赤ちゃんおもちゃも卒業かな?

なるべく長く遊べるものがいいよね

と頭を悩ませているママたちは多いのではないでしょうか?

そんなママたちにおすすめなのがメルちゃんです

この記事はこんな人におすすめ

・1歳の誕生日プレゼントに悩んでいる

・お人形がほしいけど、どれがいいのかわからない

・メルちゃんはまだ早い気がして躊躇している

結論からいうと、メルちゃんは早く買ったほうが良いです

我が家では娘の1歳の誕生日にメルちゃんを贈りましたが、約9カ月が経過したいま「メルちゃんを選んで本当によかった」と思っています

この記事の主な内容

・メルちゃんを早く買った方がいい理由

・1歳の誕生日にメルちゃんを選んだ理由

・メルちゃんとの遊び方・楽しめること

それではさっそく本題へ(^^)/

メルちゃんの対象年齢は1歳半~なので、それより早い時期にお子さんに与える場合はおうちの方の自己判断でしっかり管理しましょう

もくじ

メルちゃんを早く買った方がいい理由

さっそくわたしが「メルちゃんは早く買った方がいい」と考える理由をご紹介します

長く遊べるからコスパがいい

メルちゃんで遊ぶ時期は、実はとっても長いです

遊びの種類を子どもの性別、年齢別に調べたアンケートをご覧ください

幼児の遊びアンケート
出典ー幼児の生活アンケート報告書(ベネッセ教育総合研究所)

お人形遊び・おままごとなどのごっこ遊びをする子の割合は1歳過ぎから高くなり、2~3歳をピークに6歳ころまで遊ぶ子も少なくないということがわかりました

みさ

メルちゃんを買うのが早ければ早いほどコスパがいいということになりますね♪

ちなみにわたしが初めて娘に買ったメルちゃんはコチラ↓

1歳半から遊べる

メルちゃんは1歳前後から遊ぶ子もいますが、特に1歳半くらいからは、どこに行くにもメルちゃんを連れていきたがるようになります

みさ

娘はちょうどその頃から「お世話をしたい気持ち」が強くなった感じがしました

対象年齢1歳半~というのも納得です

それまではただご飯をあげたり髪の毛をとかしてあげたりするだけでしたが、このころになると「メルちゃんエーンエーン」と言いながら涙を拭いてあげたり「(痛いの痛いの)飛んでいけ~」といいながら頭をなでてあげたり、幼いなりに想像力を働かせている様子がみられるようになってきました

みさ

この時期にメルちゃんがいてよかったです

しつけに役立つ

イヤイヤ!と自我が芽生え始める1歳児

「服を着たくない」「野菜を食べたくない」というときにメルちゃんに協力してもらうことで上手くいくことが多々ありました

「メルちゃんと同じ色の服を着ようか♪」「メルちゃんに先に食べてもらうね!」など我が家ではメルちゃんにかなり助けられています(笑)

みさ

効果はもちろん100%ではないですが、子どもの気分を変える1つの方法として役立っています

メルちゃんをプレゼントした理由

ここでは、娘の初めての誕生日プレゼントに悩んだわたしたちが、メルちゃんに決めた理由をご紹介します

家に無いおもちゃ

娘へのプレゼントの第一条件は家に無いおもちゃを選ぶことでした

2歳上にお兄ちゃんがいるので、もうすでにおもちゃはたくさんある我が家

おままごとキッチンに絵本、お絵かきセットや粘土や積み木、レゴもたくさんあるし、マグフォーマーも集めています

そこで思いついたのがお人形さんでした

みさ

対象年齢より少し早いもののいつか遊ぶようになるはず!と思い切って購入しましたが、買って大正解でした

小ぶりなサイズと仕様

たくさんの種類があるお人形さん

お人形事情がまったくわからなかった私たちは、ネットで調べたりお店で下見したりして、最終的にメルちゃんに決めました

1番の決め手になったのは大きさです

娘は小柄なので、小さいお人形の方がだっこやおんぶがしやすいだろうと思いました(最近ようやく身長70センチになった娘。メルちゃんのだっこ紐はまだぶかぶかですが、なんとかだっこやおんぶは出来ています)

そしてメルちゃんは目が閉じないので、うっすら目が開いたまま閉じなくなった!なんていうトラブルの心配がないところも大きな決め手となりました(息子はお友達の家で目が半開きの状態のポポちゃんと対面し、怖がってしまったことがあります)

また、一緒にお風呂に入れのもいいなと思ったポイントです

みさ

うちの子たちはお水がとにかく大好きなので、お風呂に一緒に入れるお人形さんは絶対に喜ぶと思いました

シリーズものの種類が多い

おもちゃ屋さんで驚いたのが、メルちゃんコーナーの圧倒的な商品数!

お友達もたくさんいるし、服やミルクなどの小物、救急車やお風呂セットなどなど、メルちゃんシリーズのおもちゃが数えきれないくらいたくさんあって、大人のわたしもワクワクするくらいでした

案の定、娘にメルちゃんをプレゼントした直後に「やっぱりお友達も欲しい」と思い立ち、ゆかちゃんが我が家にやってきました(笑)

ゆかちゃんは日本人らしいお顔つきで、メルちゃんよりも髪の毛が長い女の子です

お人形が増えたことで、3歳のお兄ちゃんもますます一緒に遊ぶようになりました(^^)/

遊んだことがある

うちの子どもたちは岡山県のおもちゃ王国に行ったときに、メルちゃんで遊んだことがあります

そのときに二人とも夢中になっていたので、きっと喜んでくれるはず!と確信がもてました

おもちゃ王国ではほかのおもちゃもたくさんある中、特に上の子はずーっとメルちゃんたちに服を着せたり髪の毛を梳かしてあげたりしていました

みさ

男の子でも女の子でも、お人形が好きなのは一緒ですね

メルちゃんとの遊び方・楽しめること

メルちゃん遊び方

メルちゃんといえばお世話ごっこというイメージでしたが、実際に子どもたちが遊んでいる姿を見ると子どもの想像力と発想にいつも驚かされています

そこでこの章ではメルちゃんとの遊び方や、メルちゃんがいるからこそ楽しめることをご紹介します

メルちゃんとの遊び方

お世話ごっこ

プレゼントしたした直後からやり始めたのが、定番のお世話ごっこです

ご飯をあげたりおんぶをしたり、寝かしつけをしたりお口を拭いてあげたりと、1歳児なりに一生懸命お世話をしています

みさ

小さなお母さんをしていてとってもかわいい!見ているだけで癒されます

お友達ごっこ

特に3歳の上の子は、メルちゃんのお世話をするというより、お友達感覚で遊んでいます

幼稚園ごっこや兄弟ごっこ、戦隊ものごっこなどにも大活躍のメルちゃん

お兄ちゃんが楽しそうに遊んでいると、娘も一緒になって参加しています(^^)

上の子が幼稚園に入園するのを機にメルちゃんのスモックを買い足してからは、幼稚園ごっこも頻繁にするようになりました

ごっこ遊びを通して普段園でしている遊びやよく遊ぶお友達、先生の言葉遣いなど、園での様子がよくわかるのが親としてはとても嬉しいです

着せ替え

メルちゃんはなちゃん

実はメルちゃんは、こどもちゃれんじのはなちゃんのぬいぐるみと大きさがほぼ一緒!

なので服やオムツ、バッグなどの小物を着まわすことが出来るんです(^^)/

我が家にはいまメルちゃんとゆかちゃん、はなちゃんがいるので、3人のお洋服や小物を着せたり脱がせたり、交換したりして遊んでいます

ちなみにメルちゃんはソランちゃんレミンちゃんともお洋服を共有することが可能です

お店屋さん

メルちゃんとはなちゃんの大きさがほぼ同じということで、こどもちゃれんじのエデュトイ(おもちゃ)ともサイズ感がピッタリ合うんです

ドーナツだって持つことが出来ます

メルちゃんドーナツ

そこで最近うちの子たちが特にハマっているのが、メルちゃんがお客さん役のドーナツ屋さんごっこです

みさ

「ママも一緒に遊ぼ~」と誘われるのですが、お人形さんたちがたくさんいるとわたしも楽しいです

メルちゃんで楽しめること

服作り

メルちゃんの服をデザインしたり、洋裁や編み物で作ったり、娘とメルちゃんのおそろいの服を着せてみたり…(*^^*)

そんなことが親子で一緒に出来たら楽しいな~なんて妄想しています(笑)

メルちゃんの服の本や型紙も販売されているので、お手軽に挑戦できるのも嬉しいポイント♪

みさ

小さい生地で出来ちゃうので、子どもたちがサイズアウトした思い出の服をリメイクするのもアリですね

ヘアアレンジ

最近髪が伸びてようやく二つ結びが出来るようになった娘は、ゆかちゃんも同じように髪の毛を結んであげるととっても喜びます

大好きなお人形さんとお揃いなのが相当嬉しい様子(*^^*)

みさ

ヘアアレンジメルちゃんがあったらもっと楽しそう♪

まとめ:メルちゃんとの遊びを通して子どもの成長を感じることが出来る!早めの購入がおすすめ

息子が3歳・娘が1歳になるときに我が家にやってきたメルちゃん

2人ともとても喜んでくれて、半年近く経過したいまでもほぼ毎日遊んでいます(最近娘はメルちゃん・ゆかちゃん・はなちゃんの3人を同時にだっこしたりおんぶしたり、大家族の母を頑張っていますw)

お世話遊びや着せ替えだけじゃなく、ごっこ遊びや服作り、ヘアアレンジなどなど遊びの幅がどんどん広がりそうなメルちゃん

男の子も女の子も夢中になれるメルちゃんは、お子さんへのプレゼントに絶対オススメです!以上みさでした(^^)/

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる