【ワンオペでも大丈夫!】二人目の出産準備~育児グッズから上の子のおもちゃまで~

ひつじのぬいぐるみ

【出産準備】というと初めて赤ちゃんを迎えるときの情報が多く、二人目の出産の時には【二人を同時に育児する】ということに関してわからないことだらけでとっても不安でした

我が家の場合、下の子の出産時、上の子は2歳。一時保育を申し込みましたが、待機児童が多い地域なので受け入れてもらえませんでした

里帰りや産後のサポートは一切なかったので、昼間はわたしが1人で子ども2人のお世話をすることになります

・ベビー用品はそろっているけど、ほかには何を準備したらいいの?

・赤ちゃんのお世話をしている間、上の子はどうしよう?

・二人を連れてお出かけするのが大変そう

こんな疑問や不安で頭の中がいっぱいでした

おまけにいざ出産するときには離れ離れになった上の子のことが心配で気が気じゃなかったわたし(2人目の出産あるあるかも!?)

今回はそんな2人目の産前産後の経験をもとに、便利な育児グッズやあってよかった上の子用のおもちゃなどをご紹介します

もくじ

育児グッズ~おうち編~

ベビーベッド

一人目のときにはほとんど使わずすぐに物置と化してしまったベビーベッドですが、2人目のときには日中の睡眠や安全確保のため、なくてはならない必需品になりました

折り畳み式で側面がメッシュになっているタイプのものを使っていたため、腕白な長男がよじ登ることもなく、ベビーベッドの上では下の子を安全に眠らせることが出来ました(一般的な柵で囲われているベッドだと、確実によじ登っていたと思います)

しかし下の子は動きだすのが早く、7カ月くらいでつかまり立ちをしたので、予想していたより早くベビーベッドを卒業することになりました。残念

スイマーバ

2人目の出産を機に初めて購入しましたが、うちの子は気に入ったようで、スイマーバを装着するとご機嫌に遊んでくれました

お風呂でグズられると声が響くせいか必要以上に焦ってしまうわたし。スイマーバのおかげで少し余裕をもってお風呂に入れるようになったので、本当に買ってよかったです(^^)

ただ、使う時期は一瞬でした。こんなに便利なら上の子のときに買っておけばよかった(涙)

育児グッズ~お出かけ編~

授乳ケープ

一人目のときは子どものタイミングに合わせて比較的自由に授乳が出来ていましたが、二人目になると授乳のタイミングすらなかなか思うようにはいかず、、

出先で授乳室に行くのも上の子の機嫌と下の子の空腹具合をみながら調整する必要があったり、授乳中に非常事態が起こったり(飲み物をこぼしたりトイレに行きたがったり)

二人目のときは車の中やレストランの個室で授乳することもあったので、授乳ケープは大活躍でした

また、下の子は周りの音や気配で気が散ってしまうタイプだったので、家にいるときもケープをすることが多かったです

わたしはドラコというメーカーのケープを愛用していました。「どこの?」と聞かれたことが何度もあるくらい本当に優秀なケープ

・夏でも暑くなく、それでいて透けないので使い勝手バツグン!

・赤ちゃんが手足を動かしても、ケープがずれない

・カラーが豊富でかわいい!

飛行機の中でも周りの目を気にせず使えたのでとても助かりました

授乳ケープを探している人には全力でドラコのケープをオススメします


ベビーカー用ステップ

ベビーカー用ステップとは、ベビーカーに固定して、上の子も一緒に移動できるようになる便利なグッズです

我が家では【ママつれてって】という商品を使っています(上の子3歳、下の子1歳のいまでも現役)

上の子がまだ幼い場合、疲れてぐずったり、イヤイヤを発動して立ち往生してしまったり、様々なハプニングが起きますよね

そして厄介なのが「歩く」と言ったり「だっこ」と言ったり、気分で要求が180度変わること

「歩くって言ったからカートから降ろしたのに!!」「さっき靴を履かせたばっかりなのにもうだっこ!?」と振り回されることも日常茶飯事

そんなときでもこの【ママつれてって】だと“自分で降りて自分で乗る”ということが可能なので、ママの負担がかなり減ります!

メリット

・移動が楽になる

・取り外しが簡単。台の部分は一瞬で取り外せます

・上の子がご機嫌で乗ってくれる

・小柄な人には押しやすい(身長150cmのわたしは靴が当たったりすることなくノンストレスです)

デメリット

・一度接続パーツを付けてしまうと、対面⇔背面の切り替えが出来なくなる(我が家は背面の状態で取り付けたので、対面にするにはパーツを全部取り外さないといけません)

・男性や体の大きい人には押しづらいかも?(夫は靴が当たって歩きにくいそうです)

・段差では台が安定しないため、子どもが落ちないように要注意!

上の子用のおもちゃ

一人目の子が新生児のときはおうちでゆっくり過ごしていましたが、二人目になるとそういうわけにもいかず、、

すでにお昼寝をしなくなっていた上の子の相手をしつつ、ふにゃふにゃの赤ちゃんのお世話も同時にするのがすごく大変でした

そんなときに役に立ったものをご紹介します(^^)

シャボン玉

・100均でも手に入る

・種類が豊富

・大きな音がしない(子どもが歓声をあげる可能性はありw)

・広いお庭がなくてもできる

・準備や後片付けが簡単

シャボン玉、めちゃくちゃ優秀です!(^^)!

天気がいいときには近くの公園で。雨の日にはお風呂場で。下の子のお昼寝中には家の前で。

産後しばらくは毎日のようにシャボン玉で遊んでいました

わたしも外の空気を吸うだけで気分転換になり、上の子とゆっくり関われる大事な時間でもあったので、用意しておいて本当によかったです

このときはまだ子どもが口につけて上手に吹くことが出来なかったので、手で振ってシャボン玉を作るタイプや、電動で出てくるものを使っていました

入浴剤

キャラクターのマスコットが出てくる入浴剤にすっかりハマって、もともと長かったお風呂の時間がさらに長くなりましたw

下の子が低月齢の間は外出することが少なかったので、昼間からゆっくりお風呂に入ることもありました(子どもはお昼間のお風呂が新鮮だったようで大喜び)

家が散らかることもなく面倒な後片付けも必要ないので、お風呂が好きなお子さんにはオススメですよ~!

ちなみに我が家ではマスコットが増えたのとコストの面を考えて、徐々に普通の入浴剤に移行していきましたw

案外子ども本人はマスコット入りにこだわりがなかったようで、毎日「何色の入浴剤をいれようかな~?」と楽しんでいます

絵本

絵本がだいすきな息子

産後は少なからず寂しい思いをさせてしまうと思ったので、絵本の時間に少しでも触れ合えるように、そして愛情が伝わるようにと願って新しく絵本を用意しました

大好きぎゅっぎゅっ


あなたがだいすき

どちらの本もイラストや言葉選びがとっても優しくて、読むと心が温かくなる本です

この2冊は息子がいまだに大好きでよく読んでいます

最近では下の子も一緒になって「ぎゅっぎゅ!」と言っていたりして、さらに読む機会が多くなりました

子どもたちが大きくなっても読み続けたいし、この絵本が記憶の片隅にでも残ってくれたら嬉しいなと思います

その他のサービス

ヨシケイやコープの宅配などの便利なサービスや、ファミリーサポートや保育園の一時保育など、役に立ちそうなものには登録だけでも済ませておくのがオススメ!

いざ使おうと思っても、赤ちゃんを抱えた状態で調べものをしたり問い合わせをしたりするのはとっても大変!

事前に出来る準備はしっかりして、産後の生活に備えましょう

ちなみに↓こちらの記事でミールキットの宅配サービスについて書いています。参考になれば(^^)

まとめ

今回はわたしが二人目の産後に助けられた育児グッズを中心にご紹介しました

ママたちは出産に備えてたくさんの準備をしていることと思いますが、家族の人数が増えるということは想定外の出来事の連続!

少しでも楽が出来たり育児がしやすくなるような便利なアイテムを使って、産後の大変な時期を乗り越えましょう!

そしていざなにか困りごとが発生したときには遠慮なく周りに相談!可能ならば思い切って頼ってしまうのもアリ!(わたしも子ども2人を連れてのおでかけの時、見知らぬ人に何度も助けられました)

一人で抱えすぎず、一緒に育児を頑張りましょうね!!では~(^^)/

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる