セコムの使い方を簡単レクチャー!~子育て世帯にこそオススメしたい機能もご紹介します~

鍵のイラスト

みなさん、セコムしてますか

空き巣対策でしょ?うちには必要ないよ!

 

と思っているあなた!セコムのサービスはそれだけじゃないんです!

契約前のわたしがそうであったように、サービスの内容や使い方について知らない人が多いのでは?と思い、今回はセコムに守られ続けて5年以上のリアルな体験談をまとめてみました

 

最初に言っておきます

警備にかけるお金=命を守るための出費です

わたしはセコムに加入したおかげで毎日安心して生活できています

それではさっそく本題へ(^^)/

もくじ

セコムを導入したきっかけ

実はわたしは独身時代にストーカー被害にあっていた時期があります

警察に相談し、時には保護をしてもらいながら生活していました(いまの日本の法律では、ストーカーで加害者を逮捕することはとっても難しく、相手には禁止命令までしか行われませんでした)

 

そんな経験から一戸建てを購入するにあたり防犯面がとても不安でした。窓を一枚割ったら簡単に侵入出来るような環境で生活することが、怖くて怖くて仕方なかったです

そこで契約したのがセコム。新築引渡しと同時に設置工事をしてもらい、入居当時から現在まで5年以上わたしたちの生活を守ってもらっています

 

我が家で使っているのは「G-カスタム」という機械。アプリと連携しているので、現在の状況や操作履歴の確認、セキュリティモードの変更などが外出先からも簡単にでき、とても便利です。強迫性障害のわたしにはもってこいのアプリ。めちゃくちゃ助かっています

 

契約から設置工事・初期設定について

ここから先は5年以上前に体験したことなので、機械やサービスを含め変更されている可能性があります。ご了承ください

契約

セコムの契約はもちろん初めてでサービスについても知らないことがほとんどだったのですが、とっても丁寧に説明してくれました。その土地周辺の窃盗事件や空き巣被害についても差し障りのない範囲で教えてもらえたので、より防犯の意識が高まりました。

営業の方にお会いしたのは契約前に1度と契約時のみ(全部で2回)

防犯センサー・操作パネルの設置個所や個数など、専門的なことはすべてセコムの方から提案してくれたので、契約までとてもスムーズに話がすすみました。(ペットがいることを考慮してセンサーの位置を調整してくれました)ちなみにこの機械やセンサーの個数によってお値段がかわります。我が家の場合は、家族4人で1度外食が出来るくらいの料金です

ちなみに火災保険もセコムで加入しました

設置工事・初期設定

設置工事は実際に現場で警備にあたっている方がしてくれます(防弾チョッキのような強そうなユニフォーム姿で登場!)

家の中では機械やセンサーの設置と初期設定、家の外ではステッカーを貼ったりフラッシュライトを設置したりと、トータル1時間ほどで工事は終了。ステッカーの貼る位置や種類(ステッカーの大きさが複数ある)についてもアドバイスをしてもらいながら、一緒に決定していく感じ(こっちの窓には大きなステッカーがオススメ!とか)で、フラッシュライトも外観上違和感のないところに設置してもらいました

このときに手渡された取扱説明書と契約関係書類はこんな感じ↓

セコム 説明書

箱の中には4冊の冊子が入っています。これさえあればセコムを簡単に使いこなせます(^^)

セコム説明書 4冊

使い方簡単レクチャー

ここでは実際の使い方をご紹介します。簡単すぎて拍子抜けするかも!?

留守中の警備

外出するときにはこのライフカードを機械に差し込んで、“ピッ”と正常に読み込まれたら引き抜きます。以上ですw

セコム ライフカード

「留守はセコムにおまかせください」と言ってくれるので、安心して外出しましょう(外出セコムモード

 

帰宅したときも操作は同じで、ライフカードを機械に差し込むだけ

今度は「おかえりなさい」と言ってくれます

 

在宅中の警備

家にいる時の警備についてはホームコントローラーという機械で操作します。といっても在宅セコムと在宅モードを切り替えるだけ!(在宅モードでは警備が解除されます)

在宅モード

在宅セコムモード

一部屋だけ警備することも可能なので、お昼寝中の子どもがいる部屋など、目が届きにくいお部屋があるときに便利です

もし異変を感知したら

・侵入異常の場合

出入り口や窓のセンサー、空間センサーなどが感知して侵入警報が鳴ると、異常信号がセコムに送信され、セコムから契約者に確認の電話が入ります。(連絡がつかない場合はすぐに駆けつけてくれます。)さらに110番が必要な場合にはセコムから通報してくれます

万が一在宅時に非常事態が起きた場合は、この非常ボタンでセコムに信号を送ることも可能です。すぐに確認の電話が入り、セコムが異常事態発生と判断した場合には110番通報してくれます

非常ボタン

 

・ペットやお掃除ロボットに反応した場合

留守中にペットやお掃除ロボットなどの侵入者以外を感知した場合、駆けつけたセコムのスタッフが安全を確認でき次第警報を解除し、そして警報が出た原因や状況などを細かく書いたメモを残してくれます

申し訳ないことに、我が家はペットによる異常警報が出たことがあり、セコムを出動させてしまったことがあります。。反省

 

・誤って警備状態のドアを開けてしまったときなど

警備状態のドアを開けてしまったり、外出セコムモードなのに忘れ物をして家に入ってしまったときなど、意外とやってしまううっかり

そんなときの対処法もセコムはバッチリ用意してくれています!なのでもし自分や家族が誤って警報を鳴らしてしまったときでも、慌てる必要はありません(^^)詳しい方法は書けないので、資料請求もしくは契約のときに確認してみてくださいね!

 

ここまで読んで

意外と簡単じゃん!わたしにも出来そう!!

と思ったあなた

そうなんです!めちゃくちゃ簡単なんです

この調子でセコムについてどんどん知っていきましょう(/・ω・)/

そのほかの機能やサービス

・ドアチャイム機能

在宅時に玄関など特定の出入り口の開閉をチャイムでお知らせしてくれる機能です。警備状態ではありませんが、家族の帰宅や、子どもが勝手に玄関を開けた!なんて事態にすぐに気づける便利な機能です

我が家では家族全員が家にいるときはいつも玄関チャイムモードにしています

 

・帰宅待ち機能

帰りの遅い家族を待たずに就寝したいときなどに使う機能です

出入り口を開けた時の警報音が小さいのが特徴で、就寝中の家族を起こさずに安心して帰宅できます(うちの子たちはこの音で起きたことはありません)

我が家では夫の残業や飲み会のときなど、思っていた以上に使っています。

 

・データのお預かり

これは「G-カスタム」独自の機能です

本体の液晶に手書きで作成したメモ(手書きメモ)や本体カメラで撮影した写真、SDカードのデータや電話帳をセコムのデータセンターに預けておくことが出来ます

個人情報を預けられるのもセキュリティ会社のセコムだからこそですね!

 

・伝言メモやフォトフレーム

ホームコントローラー本体に手書きで伝言メモを残したり、この機械自体をフォトフレームとして使うことも出来ます

伝言メモは、お留守番が出来るお子さんがいるご家庭には特に便利な機能ですよね!わたしも子どもが大きくなったら活用しようと思っています

 

ほかにも煙センサー・熱センサーでは火災を、ガスセンサーではガス漏れや一酸化炭素を感知したり、マイドクターという機械で体調の異変をセコムに伝えたりなど、セコムのサービスはまだまだたくさんあります

最近では高齢者や子どもの見守りのCMもよく見るようになりましたね!

 

まとめ

セコムを導入する前と後で大きく違うのはなんといっても“安心感”

なにかあったときに助けを求められる人・駆けつけてきてくれる人がいるということはめちゃくちゃ心強いです。このまま死ぬまで契約し続けるつもり(^O^)

 

そして最後になりますが、わたしがホームセキュリティを契約するにあたりセコムを選んだ理由

それは拠点が近いから!万が一のときに駆けつけてくれるまでの時間を重視しました

我が家からはアルソックよりセコムの方が近く、実際に道路を走っている車もセコムの方が圧倒的に多いです(普段は車で走りながら見回りをしつつ、出動に備えているらしい)

ただしこの辺はお住まいの地域にもよっても違うので、環境に合わせて最適なセキュリティ会社を選んでくださいね!

綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

 

安心安全で快適な暮らし、最高ですよ(^^)/では

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる